Entry: main  << >>
奥深く色が広がる茶畑

 

 今日の一点は、松井さんの「スリランカの茶畑」です。いい絵ですね、一気にワンランク上の世界に駆け上がりました。元になった、写真は緑一色の茶畑です。今回は、この緑をどう表現するかを課題にしました。写真の緑を説明すれば、全くのつまらない絵になります。それは、表現ではなく、ただの説明描写です。遠くの緑、手前の緑。日なたの緑、日陰の緑。上面の緑、立て面の緑。低木の緑、樹木の緑。みんなそれぞれの表情がありますよね。みんな同じ緑という思い込みから、ぜんぶ違う緑だというように考えることができるようになったということです。

 

 緑のラインナップには、厳密にいうと緑でない色もあります。そのすべてで緑を表現する色の集まりをドミナントカラーといいます。ドミソ〜〜♪という和音みたいなもの。というか、ドミナントはもともと音楽用語ですね。色の広がりは、ドミナントにありです!



※ブログランキングに参加しています。
下記のいずれかのボタンをクリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村

東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト
| サカイトシノリ | 19:56 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode