Entry: main  << >>
今日の2点

 

 山嵜さんの新作です。バーツ板のある静物画を長いこと描いてきたのですが、先の松濤美術館公募展以来、窓がモチーフに加わったようです。窓・ドアは、こちらの世界とあちらの世界の境界です。その狭間により真逆な世界が展開する面白さがあります。モチーフとは、そのもの自体の意味もありますが、その存在により哲学的な意味も含んでいます。ただ描くか、その奥行きを描くのか、絵の出来は、その作者の意識による。

 外は、丘陵・お花畑に気持ちよく晴れた空には、熱気球。爽快に広がる世界に対して、室内には暗がりの中に動けないダーツ板に囲われた人形。自分の殻を破り、外に行きたいという願望、そんな絵だよね。絵には、物語もあれば、考えさせられることもある。対比は、優れたテーマになり得る。

 

 

 川内さんのサムホールの2点連作出来上がりました。「ネコがいる青い空間」ってとこかな。背景の美しさとネコを感じる絵を目指しました。けしてネコを説明しないことを心がける、チョットした形態で、見る側は想像するものだ。なんかじゃれているよねって感じます。ネコが好きなんだから、自分の絵として描けばいい。



※ブログランキングに参加しています。
下記のいずれかのボタンをクリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村

東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト
| サカイトシノリ | 20:03 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode