Entry: main  << >>
春を前に、雪の日

 

 今日は、雪まじりの冷たい一日でした。しかし、桜も開花したことですから、間違いなく春は間近ですよね。そんな春のような作品を石塚さんが作りました。仕上げになって、もう少し派手にしたいと言うのでヒントを伝えました。派手とは目立つことです。目立つとは、コントラストが大きいこと。そのコントラストの一番が明暗対比、明るいくらいの差が大きいこと。次に、色相差が大きいこと、その際たるものは補色対比です。そして、彩度対比は彩度の高い色と鈍い色の組み合わせです。要は、派手なものばかり集めても、それほど派手にはならないということ。すべては、対比があって存在する。

 そして、どうしたかというと、赤主体の絵に、小さい黄緑の紙をちりばめました。りっぱなアクセントカラーですね。よしよし、春よこい!

 

 

 そして、葉っぱと天気をモチーフにしている海田さん。今日は、何を描くの?とたずねると「春よこい!はるよこい!」とつまらない冬空の写真をもってきた。常々、リアリティーのある、現場感のある絵を描くように言っているのに、この様かいな!と。今日は、どういう日ですか? 教室まで来るのに、特別なことがなかったのか? そうです、でっかい雪がボタボタ降っています。そして、教室の前の明治通りでは、しだれ桜。ここで描かなくてどうすのかと、外に観察に行ってもらいました。

 もう一つのアドバイスは、先にマスキングテープをちぎって貼っておくこと。これで、安心して雪の表現になります。題して、「春よこい、春よこい、淡雪きた」でした。その日のリアルな感覚を大切にね。



※ブログランキングに参加しています。
下記のいずれかのボタンをクリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村

東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト
| サカイトシノリ | 18:46 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode