Entry: main  << >>
今日の作品から

 

 柳澤さん、秩父の里山「桃の郷」2点出来上がりました。有名でもない、ひっそりと山奥に村落があり、この時季に瞬間的に華やぐ桃の郷です。遠景・近景、村落の連なりに村道の繋がり。面白い構成になってます。力作でした!

 

 こちらは、ジグザグの村道が斜面に張り付く構図です。

 

 

 野沢さんは、「ビンのコンポジション」ですね。描き始めの頃、床が赤系でバックの壁が白系だった。そこで、床のレイアウトが一番見せたいのか?壁とのシルエットを見せたいのか?を聞くと、後者の方だとのこと。ならば赤白逆転、彩度のある赤に目が行くようになり目的達成。そして、色味を感じさせたいか?と聞くとそうだと。ならば、影を茶黒くしていては明暗の絵。影に紫系を使う事で、いろんな所に色の繋がりが派生する。ちょっとのことで、絵が変わる。そして自らの想いに近づくのです。

 

 

 神山さんの「鹿冬景色」が出来上がりました。朝焼けの雪景色に鹿が一頭。寒々しい中、劇的な変化を生む空。その空が主役ですね。鹿の細部よしとして、シルエット効果に。静と動の構図になれば成功だ。



※ブログランキングに参加しています。
下記のいずれかのボタンをクリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村

東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト
| サカイトシノリ | 18:57 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode