Entry: main  << >>
芸術の秋突入です!

 

 松井(彩)さん、新作が上がりました。テーブルなり背景なりの面積が多ければ多いほど、絵の難易度が高まる。この絵は、後で椅子の背もたれを入れて、壁紙を足しました。入れたら入れたで、それぞれの関係性を持たなければならないので、それもたいへんだ。やはり、モチーフはメインのものがあり、それ自体が大きめで面積を取るようであることが望ましい。望ましいというのは、やりたいことが明確でないときは、そうしなさいということ。これも勉強です。

 

 

 そして、神山さんのド迫力な鹿さん。できあがりました。緯度の高いところでは、瞬間的な夏が訪れ、花々が咲き乱れます。しかし、それを支配するものは凜とした冷たい大気だ。モナリザではないが、わずかな背景に多くの情報を入れることが出来る。たかが鹿の顔に、多くのイメージを含ませることが出来る。絵の素晴らしいところ所以である。作者は解っていないだろう、、、。

 

 東京は、本当に夏が終わったようです。やっぱり、なんちゃって残暑が来るか来るかとおもっていたが、すっかり秋。しかし、中高年には、恵の涼しさだ。芸術の秋突入です!



※ブログランキングに参加しています。
下記のいずれかのボタンをクリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村

東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト
| サカイトシノリ | 19:28 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode